KIKO KOSTADINOV 19AW 00072019コレクション

f:id:hynm_eliminator:20190710160218j:plain

KIKO KOSTADINOVの19AW 00072019コレクションからナンバリングアイテムのご紹介です。従来のナンバリングアイテムの様に既成ボディにプリントを施したものではなくオリジナルパターンにて製作している点がポイントです。

 

■HOODIE

500g/㎡の超ヘビーウェイトスウェット生地を用いたオーバーサイズドフーディー。ナンバリングプリントが施されたフーディーは00012016、00022017コレクション以来の登場です。左肩部分に施されたテープディテールデザインは00012016、00022017コレクション即ち初期のデザインを継承しておりますが、本作は全く新しいオリジナルパターンにて製作しております。フットボールジャージーの様な個性的なショルダー周りの切り替えパターンが特徴です。フロントのナンバリングはハンドプリント。後身頃にはアメリカのコスチュームデザイナーであるアイリーン・レンツの作品からインスパイアを得て製作したオリジナルグラフックをプリントしております。イタリア製。

 

■L/S TEE、S/S TEE

HOODIE同様、左肩部分に施されたテープディテールデザインが特徴。従来のナンバリングTEEの様に既成ボディにプリントを施したものではなくオリジナルパターンにて製作している点がポイントです。フットボールジャージーの様な個性的なショルダー周りの切り替えパターンが特徴的です。フロントのナンバリングはハンドプリント。後身頃には今期のインスパイア源の一つである1960年のアメリカ映画 「 MIDNIGHT LACE 」 のメインビジュアルイメージを彷彿させるオリジナルグラフックをプリントしております。イタリア製。

 

KIKO KOSTADINOVの19AW 00072019コレクションに関して

MIDNIGHT STRIPESと題されたKIKO KOSTADINOVの19AW 00072019コレクション。アメリカのコスチュームデザイナーであるアイリーン・レンツの作品からインスパイアを得て製作。さらにアイリーン・レンツが衣装を担当した1960年のアメリカ映画であるMIDNIGHT LACEもインスパイア源としています。アイリーン・レンツの作品はジオメトリック、バイアスなどの要素をデザインに盛り込んでいる点が特徴であり、KIKO KOSTADINOVの19AW 00072019コレクションにおいてもそれらの要素が取り入れられています。ヘアデザインに関しては1998年の日本映画のリングからインスパイアを受け製作しています。

19AW HOKA ONE ONE BONDI 6 WIDE & SPEEDGOAT 3 WP

f:id:hynm_eliminator:20190704152317j:plain

HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) のベストセラーモデルであり同ブランドのロードシューズラインナップの中で最もクッション性の高いBONDI 6。同モデルのWIDEバージョンのご紹介です。通常のBONDI 6に比べ、足幅が約2サイズ分 ( 周囲約12mm ) 大きな作りとなっております。

 

BONDI 6モデルの搭載テクノロジーは下記です。

■MIDSOLE VOLUME

通常のランニングシューズと比べ非常にボリュームのあるEVA製ミッドソールは、高いパフォーマンスを発揮する為に軽量クッショニング素材を使用。まるでマシュマロの様な極上の履き心地を実現しています。優れた衝撃吸収性もポイントです。

※同ブランドのロード用シューズとしては最大のクッション性を搭載しているのがBONDI 6モデルです。

 

■META ROCKER GEOMETRY

スムーズな足運びを促す為にドロップ ( つま先と踵の高低差 ) の差を少なくし、つま先と踵部分を滑らかに削ぎ落とした独自のアウトソール形状が特徴です。まるで車輪が回転する様な流動性がある、ローリング運動を導く事で自然な体重移動を実現しています。少ない力で最大の効果を発揮するテクノロジーです。

 

■ACTIVE FOOT FRAME

ミッドソールに搭載されたACTIVE FOOT FRAMEは、足全体をしっかり包み込み、 足がシューズと一体化するHOKA ONE ONE独自のミッドソールです。 踏み込んだ時の縦横の揺れやズレを防ぎ、高い安定性を保つ点が特徴です。

 

軽量性と耐久性が向上した新しいアウトソールパターンを採用しています。

その他、インソールはOrtholiteを採用。足へのフィット感を高め、クッション性や快適性が持続するインソールです。

 

 

f:id:hynm_eliminator:20190704152348j:plain
HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) からSPEEDGOAT 3 WPのご紹介です。

 

多くの100マイルレースの記録を保持し、米国南部14州にまたがる総距離約3,500km世界最長の自然歩道であるアパラチアン・トレイルを最速突破するなど、ウルトラマラソン界のレジェンドであるカール・メルツァーにインスパイアされ、どのような複雑なトレイルにも挑めるように本アイテムはデザインされました。

アッパーにはSKYSHELL™ウォータープルーフインナーブーティとガセットタンを採用しフィット感、安定性、耐久性、防水性を向上させております。

 

SPEEDGOAT 3 WPモデルの搭載テクノロジーは下記です。

■MIDSOLE VOLUME

通常のランニングシューズと比べ非常にボリュームのあるEVA製ミッドソールは、高いパフォーマンスを発揮する為に軽量クッショニング素材を使用。まるでマシュマロの様な極上の履き心地を実現しています。優れた衝撃吸収性もポイントです。

 

■META ROCKER GEOMETRY

スムーズな足運びを促す為にドロップ ( つま先と踵の高低差 ) の差を少なくし、つま先と踵部分を滑らかに削ぎ落とした独自のアウトソール形状が特徴です。まるで車輪が回転する様な流動性がある、ローリング運動を導く事で自然な体重移動を実現しています。少ない力で最大の効果を発揮するテクノロジーです。

 

■ACTIVE FOOT FRAME

ミッドソールに搭載されたACTIVE FOOT FRAMEは、足全体をしっかり包み込み、 足がシューズと一体化するHOKA ONE ONE独自のミッドソールです。 踏み込んだ時の縦横の揺れやズレを防ぎ、高い安定性を保つ点が特徴です。

 

その他、インソールはOrtholiteを採用。足へのフィット感を高め、クッション性や快適性が持続するインソールです。アウトソールは、濡れていたり起伏の激しい環境でも最大のグリップ力を発揮し、耐久性にも優れているvibram®メガグリップハイトラクションアウトソールを採用しております。

CLAUSTRUM ONE AND ONLY COPY PRINT SERVICEイベントのお知らせ

CLAUSTRUM ONE AND ONLY COPY PRINT SERVICEイベントのお知らせ

 

建築をデザインのベースとする遠藤健史氏が手掛ける、東京発の革新的メタルブランドCLAUSTRUMのアイテムにあなただけのオリジナルメッセージをプリント出来るイベントを開催致しております。

 

CLAUSTRUM ONE AND ONLY COPY PRINT SERVICEイベント概要

<期間>

開催中〜6/23(日)まで

<時間>

12時〜20時(全日)

<詳細>

■CLAUSTRUM製品のステンレス部分にメッセージ、イニシャルなどをお入れ頂けます

■文字数の制限はございません。お好きなメッセージをご指定ください

■フォントサイズは6pt〜14ptからご指定頂けます。英字と数字からお選び頂けます

■特殊加工を施しますので、見え方としてはどのアイテムにお入れ頂いても画像の様なWHITEのプリントカラーとなります

■アイテムのお持ち込みはお断りさせて頂いております

■お渡しはオーダーを頂いてから約2週間後となります

<プリント料金>

■大きさや文字数に関わらず一ヶ所につき、¥1200 (without tax)

※アイテムの表、裏など二面に渡ってプリントを施す場合は1200円×2=2400円となります

<プリントサンプル例>

f:id:hynm_eliminator:20190620105813j:plain
■SV CARDケース
円周率=宇宙 / 3.1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510………

 

 

f:id:hynm_eliminator:20190620105755j:plain
■CCコンテナ
The past, like the future, is indefinite and exists only as a spectrum of possibilities. messaged by Stephen William Hawking
過去も、未来と同じように、不確定なもので、多様な可能性が連なって存在しているに過ぎない -スティーブン・ホーキング-

 

 

f:id:hynm_eliminator:20190620105802j:plain

iPhone Xケース
The World Is Flat Again. by Tigran Avetisyan 

 

 

f:id:hynm_eliminator:20190620105808j:plain
■CCコンテナ

LEARN FROM YESTERDAY, LIVE FOR TODAY, HOPE FOR TOMORROW. THE IMPORTANT THING IS NOT TO STOP QUESTIONING. -Albert Einstein-

過去から学び、今日に生き、未来に対して希望を持つ。大切な事は何も疑問を持たない状態に陥らない事である。

-アルバート・アインシュタイン-

 

ABOUT CLAUSTRUM

デザイナー : 遠藤健史 / STEEL INC.代表

1994 千葉大学工学部工業意匠学科卒

1997 文化庁芸術家在外派遣研修員としてロンドンAAスクール留学

2004 STEEL INC.設立

 

建築家の遠藤健史氏が手掛ける東京・銀座発のメタルブランドがCLAUSTRUM ( クラウストルム ) です 。建築家として施主さんの想いを形にするのではなく、小さくても良いから自身の考えを100%注ぎ込んだものを製作したいという想いで2004年にスタートしたブランドです。

CLAUSTRUMはシンプルで画期的な製品を機能の探究に基づいて開発。全品の組立てと最終仕上加工を銀座工房で行っています。片手で操作できる、一連の動作をスマートに行える等、クラウストルムの全てのアイテムは、それぞれ他には全くない新しい機能を備えており機能というものを物理面だけでなく、美的、知的、社会的、経済的などの側面から探求し、その結果をできるだけシンプルに具現化できるまで、試作、実験、試用を銀座工房で幾度となく繰り返します。そしてその経験の積み重ねの中から、他にはない新しい機構やメカニズム、工法、表面仕上げを生み出しています。製品を構成する各部品は、近郊の精鋭工場と協力して製作。金属加工をはじめ、数十に至る専門工場の職人たちと共に、各分野の先端技術を駆使しながら互いに切磋琢磨しています。組み立て作業と仕上げ加工は全て銀座工房内で行い最終工程では全品を手加工で微調整することで使い心地を追求。銀座工房はSTEEL INC.代表の先々代が戦後に板ガラスの加工工房を営んでいた場所。銀座での手工業を代を超えて継承しています。またアイテムを末永くご使用いただくためにメンテナンスサービスも行っています。

 

製品ラインアップはこちらから御覧ください。

ELIMINATOR WEB STORE / CLAUSTRUM

f:id:hynm_eliminator:20190608212509j:plain
iPhoneケース

BLACKMATTE / CONCRETE MATTE / STRAIGHT VIBRATION FINISH 

f:id:hynm_eliminator:20190608221807j:plain
■ARTICULAR WALLET

BLACKMATTE / VIBRATION FINISH

 

f:id:hynm_eliminator:20190609005214j:plain

■USB PENDANT

BLACKMATTE / CONCRETE MATTE / HAIRLINE

 

f:id:hynm_eliminator:20190609000414j:plain

■DESK PEN

BLACK / VIBRATION FINISH

 

f:id:hynm_eliminator:20190608234938j:plain

■SV CARD CASE

BLACKMATTE / CONCRETE MATTE / STRAIGHT VIBRATION FINISH / HAIRLINE

 

f:id:hynm_eliminator:20190608213141j:plain
■CCコンテナ

BLACKMATTE / CONCRETE MATTE / STRAIGHT VIBRATION FINISH / HAIRLINE

 

f:id:hynm_eliminator:20190608231858j:plain

■MOBILE ASHTRAY

BLACKMATTE / CONCRETE MATTE / STRAIGHT VIBRATION FINISH

 

f:id:hynm_eliminator:20190608223949j:plain

■SWING KEY CASE

BLACKMATTE / CONCRETE MATTE / STRAIGHT VIBRATION FINISH

 

19AW HOKA ONE ONE

f:id:hynm_eliminator:20190613102727j:plain

HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) から早くも2019年秋冬NEWモデルとなるSKY KAHAとCLIFTON 6のご紹介です。 

 

SKY KAHAは同ブランドに新設されたマウンテンフットウェアカテゴリーからのリリースです。人気モデルであるアウトドアシューズTOR ULTRA HI WPの後継として製作されました。KAHAというモデル名はマオリ語で強さとサポートという意味です。HOKA ONE ONEというブランド名も “ Time to Fly ( さぁ、飛ぼう ) ” という意味を持つマオリ族の言葉が由来となっております。

 

TOR ULTRA HI WPからのアップデートポイントと致しましては、SKY KAHA はEVAとRANGIの2種類のミッドソールを搭載し、履き心地やクッショニングが向上しております。その他の搭載機能は下記をご覧下さい。

 

SKY KAHAモデルの搭載テクノロジー

■META ROCKER GEOMETRY

スムーズな足運びを促す為にドロップ ( つま先と踵の高低差 ) の差を少なくし、つま先と踵部分を滑らかに削ぎ落とした独自のアウトソール形状が特徴です。まるで車輪が回転する様な流動性がある、ローリング運動を導く事で自然な体重移動を実現しています。少ない力で最大の効果を発揮するテクノロジーとなっております。

 

■ACTIVE FOOT FRAME

ミッドソールに搭載されたACTIVE FOOT FRAMEは、足全体をしっかり包み込み、 足がシューズと一体化するHOKA ONE ONE独自のテクノロジーです。踏み込んだ時の縦横の揺れやズレを防ぎ、高い安定性を保つ点が特徴です。

 

その他、アッパーには透湿防水素材eVent®をラミネートしウォータープルーフ仕様となっております。また透湿性もある素材を用いている為、シューズ内の蒸れも防ぎます。さらにミッドソールは、加水分解が起きにくいとされているEVA ( エチレン・ビーニル・アセテートの略 ) とHOKA ONE ONE特有のソールテクノロジーであるRANGIの二種を搭載したミッドソールです。ラバーを混合する事によって従来モデルに比べ高い耐久性と優れたクッショニング・反発性が特徴となり快適なライド感に繋がっています。アウトソールは、濡れていたり起伏の激しい環境でも最大のグリップ力を発揮し、耐久性にも優れているvibram®メガグリップハイトラクションアウトソールを採用しております。

 

f:id:hynm_eliminator:20190613102657j:plain

 こちらも最新モデルとなるCLIFTON 6のALL BLACKカラーのご紹介です。

 

軽量かつ優れたクッション性・反発性を備えた同ブランドの人気ロードモデルが更に進化して登場です。従来モデルに比べ、よりフィット感と耐久性が向上しております。

 

アッパーには軽量で通気性に優れたエンジニアードメッシュを採用。またアッパー中足部にステッチを施す事により重量を抑えながら補強に繋げ中足部の安定性が向上しています。さらにアイレットの耐久性も強化されております。

 

本日ご紹介のCLIFTON 6モデルの搭載テクノロジーは下記です。

■MIDSOLE VOLUME

通常のランニングシューズと比べ非常にボリュームのあるEVA製ミッドソールは、高いパフォーマンスを発揮する為に軽量クッショニング素材を使用。まるでマシュマロの様な極上の履き心地を実現しています。優れた衝撃吸収性もポイントです。

 

■META ROCKER GEOMETRY

スムーズな足運びを促す為にドロップ ( つま先と踵の高低差 ) の差を少なくし、つま先と踵部分を滑らかに削ぎ落とした独自のアウトソール形状が特徴です。まるで車輪が回転する様な流動性がある、ローリング運動を導く事で自然な体重移動を実現しています。少ない力で最大の効果を発揮するテクノロジーです。

 

■ACTIVE FOOT FRAME

ミッドソールに搭載されたACTIVE FOOT FRAMEは、足全体をしっかり包み込み、 足がシューズと一体化するHOKA ONE ONE独自のミッドソールです。 踏み込んだ時の縦横の揺れやズレを防ぎ、高い安定性を保つ点が特徴です。

 

その他、インソールはOrtholiteを採用。足へのフィット感を高め、クッション性や快適性が持続するインソールです。

YOHJI YAMAMOTO POUR HOMME

f:id:hynm_eliminator:20190606130117j:plain

日本が世界に誇るデザイナーである山本耀司氏が手掛けるYOHJI YAMAMOTO POUR HOMME ( 1984年よりパリコレクションで発表 ) 。30数年前から世界に衝撃を与え、今までの美意識を完全にひっくり返した偉大なデザイナー。事実、同ブランドのコンセプトにも「山本の考える男性像は、社会の規範に縛られることなく自由な精神を持つ ” 何者だかわからない “ 男たち」。という一文もあります。今、最も世界から注目されているデザイナーの一人です。

 

本日は19ssのteeシャツをご紹介。本アイテムはBLUEカラーの染料で製品染めを施した後に、「ガソリンから電気にするの?どのくらい儲かるの?」という文字に色が乗らない反転させた大判のスクリーンを用いてTEEシャツ全体にBLACKカラーのプリントを施した非常に手の込んだアイテムとなっております。

 

さらに早くも19awのアイテムも店頭に入荷してきております。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

adidas by RAF SIMONS RS OZWEEGO WEB UP

f:id:hynm_eliminator:20190523161227j:plain

f:id:hynm_eliminator:20190523161258j:plain

 

UKユースカルチャーをデザインのインスパイア源の一つとするRAF SIMONSと、数多くのミュージシャンやクリエーターに選ばれ続けUKユースカルチャーと共に歴史を刻んできたadidasとの、名前だけではない大変意義のあるコラボレーション。同コラボレーションからRS OZWEEGOのご紹介です。

 

OZWEEGOは同プロジェクトがスタートした13AWからアップデートを重ねながらリリースされているモデルです。RAF SIMONSシグネチャーブランドの12AW、13SSコレクションでリリースされたランニングスニーカーのアッパーデザイン ( 二足履いているかの様なレイヤーデザイン ) を踏襲しリリースした背景があり、スポーティーさとアート性を兼ね備えた個性的なデザインが特徴です。

 

17SSのOZWEEGO BUNNY、17AW・18SSのOZWEEGO Ⅲは大きなシューレースホールディテール ( シューレースをダブルで通せる様な大きなアイレット ) が特徴でしたが、本アイテムはシューレースホールディテールが通常サイズの初期OZWEEGOをベースにアップデートしています。ミッドソール部分はミラー仕上げのTPU ( 熱可塑性ポリウレタン ) フィルムでコーティングしている点がポイント。19SSのテーマである70年代のグラムロック時代を感じさせる煌びやかな仕上がりとなっております。

さらにadidas PERFORMANCEのOZWEEGOモデルをベースにアップデートしている為、機能も搭載している点も魅力です。つま先部分には蹴り出しの力強さをサポートするadiPRENE+ ( アディプリーンプラス ) 、アウトソールには、adiWEAR (長時間の着用にも耐えうる耐磨耗強化ラバー ) を採用しています。