TIGRAN AVETISYAN CANNED AIR

 アナキストとも言えるモスクワ出身のデザイナー・アーティストであるTIGRAN AVETISYAN ( ティグラン アヴェティスヤン ) の2018AWコレクションからAIR缶のご紹介です。本アイテムは中身は入っておりません。空気缶でございます。ARTとしてのメッセージ商品です。

f:id:hynm_eliminator:20180708213149j:plain

双方に無いものをお互いに補い今までにない新たな価値観を持つものを作り出すというコラボレーションの本来の本質的な意味を無視した、利潤追求の名前だけのコラボレーションが氾濫している事に対しての真面目なジョークとなっております。中身のないコラボレーションにも関わらず値段だけ二倍!?この部分をあえて模倣し、缶と缶を二つセットにし缶同士のコラボレーション「 CANNABORATION 」とし、プライスを単体AIR缶の倍で設定しております。

f:id:hynm_eliminator:20180708210029j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180708210543j:plain

缶のラベルにブランドの固有名詞を出し真面目なジョークを施しておりますが、単純に、ある一部分の著名なデザイナーやブランドに対して盾突く事でカスタマーに面白がって貰いたいという小さなスケールの話ではございません。コントロールされ意図的に作られたファッションビジネス全体という、とても大きな対象に対し 「 NO 」 と言いたい。ブランド、デザイナー、メディア、消費者などに向けてのメッセージとなっております。その 「 NO 」 とは、本質を見極めず、いつの間にか築き上げられてしまったフェイクな価値観に対して何の疑問も持たず受け入れる危険性への危惧です。そして多数派が絶対正義とされる誤った方向に進んで行ってしまっている現状を何とか食い止めたいという想いも込められています。

 

しかしながら、TIGRAN AVETISYAN自身もファッション業界の中で生きているデザイナーです。この矛盾の中で心から悩みながらも重要なメッセージを伝えようという使命感や責任感から、まるで活動家のように突き進んでいるのがこの男です。試行錯誤しながらアイテムを通し自身の考えを発信しメッセージを伝えたいと戦い続けている姿は非常に美しく、そしてリアルです。故にTIGRAN AVETISYANの作るプロダクトは信じられると思うのです。

 

<18AWコレクションについて>

非常に商業化されたファッション業界に対してのアナキストぶりは健在です。「 FASHION FEAST (ファッションの饗宴 ) 」と題し、コレクションを製作。コマーシャルな商品が氾濫し、また業界全体が同じ方向へと突き進んでいる事に対する一つの答えとしてコレクションを製作しました ( TIGRAN本人談 ) 。

コレクションのサブタイトルには、 『 WE CAN BECAUSE THEY CAN’T 』 とあります。缶を用いているのは大量生産、大量消費時代への批判です。さらに「缶」と「CAN」を掛け、「 あなた達には出来ない事を僕は出来ますよ 」。といった意味を込めています。

i-D MAGAZINE×STUSSY CAPSULE COLLECTION WEB UP

f:id:hynm_eliminator:20180726105426j:plain

世界的に有名なアート・ディレクターであり英国政府から大英帝国勲章 ( MBE ) を授与されたテリー・ジョーンズが創刊したi-D MAGAZINEと、ショーン・ステューシーが設立したSTUSSYとのコラボレーションのご紹介です。両者ともに1980年に誕生し今日までの長い年月の間、影響を与え続けている存在同士のスペシャルコラボレーションプロジェクトです。

 

i-D MAGAZINEは、英国版Vogue誌でアート・ディレクターを当時最年少ながら務めていたテリー・ジョーンズが1980年に創刊したマガジンです。当初はテリー・ジョーンズがパンクスたちの写真を撮るべくフォトグラファーをストリートに送り込んだ事がきっかけでした。いわばストリートスナップの元祖のようなものです。i-D MAGAZINE創刊以前、i-D MAGAZINE創刊以降と区切っても良いほど、時代に影響を与え続けているマガジンです。

 

WORLD TOUR や8 BALL、クラウンなどSTUSSY初期のデザインでブランドを象徴する代表的なグラフィックと、i-D MAGAZINEのクラシックスターロゴをミックスしたアートワークが魅力的です。

 

スターの中のi-Dロゴに関しては、世界初の " 絵文字 " とも言われテリー・ジョーンズがデザインしています ( i-Dを縦にすると人がウィンクと笑顔になっているようなデザイン ) 。従ってi-D MAGAZINEのカバーのモデルは必ず片方の目を隠しています。ちなみにテリー・ジョーンズポスト・パンクのバンド、パブリック・イメージ・リミテッド ( Public Image Ltd. ) のロゴデザイン「 PiL 」も手がけています。

 

i-D MAGAZINEの精神

「 originate, don’t imitate ( 模倣せずに、オリジナルに ) 」

「 be a fan not a critic ( 批評家ではなくファンであれ ) 」

 

商品はこちらからご覧ください。

http://www.eliminator.co.jp

 

i-D MAGAZINE×STUSSY

f:id:hynm_eliminator:20180719143357j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180719143414j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180719143336j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180719143318j:plain

世界的に有名なアート・ディレクターであり英国政府から大英帝国勲章 ( MBE ) を授与されたテリー・ジョーンズが創刊したi-D MAGAZINEと、ショーン・ステューシーが設立したSTUSSYとのコラボレーションのご紹介です。両者ともに1980年に誕生し今日までの長い年月の間、影響を与え続けている存在同士のスペシャルコラボレーションプロジェクトです。

 

i-D MAGAZINEは、英国版Vogue誌で当時最年少アート・ディレクターを務めていたテリー・ジョーンズが1980年に創刊したマガジンです。当初はテリー・ジョーンズがパンクスたちの写真を撮るべくフォトグラファーをストリートに送り込んだ事がきっかけでした。いわばストリートスナップの元祖のようなものです。i-D MAGAZINE以前、i-D MAGAZINE以降と区切っても良いほど、時代に影響を与え続けているマガジンです。

 

WORLD TOUR や8 BALLなどSTUSSY初期のデザインでブランドを象徴する代表的なグラフィックと、i-D MAGAZINEのクラシックスターロゴをミックスしたアートワークが魅力的です。

 

スターの中のi-Dロゴに関しては、世界初の " 絵文字 " とも言われテリー・ジョーンズがデザインしています ( i-Dを縦にすると人がウィンクと笑顔になっているようなデザイン ) 。従ってi-D MAGAZINEカバーのモデルは必ず片方の目を隠しています。ちなみにテリー・ジョーンズポスト・パンクのバンド、パブリック・イメージ・リミテッド ( Public Image Ltd. ) のロゴ「 PiL 」も手がけています。

f:id:hynm_eliminator:20180719143255j:plain

i-D MAGAZINEの精神

「 originate, don’t imitate ( 模倣せずに、オリジナルに ) 」

「 be a fan not a critic ( 批評家ではなくファンであれ ) 」

 

本日、TEEシャツアイテムをWEBにアップ致しました。来週木曜に、L/S TEEとパーカをアップ致します。店頭にはTEEシャツ×2種、L/S TEE、パーカ全てございます。

 

http://www.eliminator.co.jp/products/detail1249.html

 

http://www.eliminator.co.jp/products/detail1250.html

SALOMON×THE BROKEN ARM_XT-4

f:id:hynm_eliminator:20180420114733j:plain

 

1947年にフランスで創設され ( クロスカントリーシューズ製作からスタート ) 、同ブランドが築いてきた歴史はマウンテンスポーツの歴史そのものでもあると称されるSALOMON ( サロモン ) ブランド。18AWよりスタートした、セレクトショップを主とした流通限定ラインである 「 SALOMON ADVANCED 」 からパリのセレクトショップTHE BROKEN ARM別注カラーのご紹介です。SALOMON ADVANCEDは、過去のモデルの復刻や当時には存在しないカラーリングでアップデートリリースするといった、ファッション目線でブラッシュアップするリミテッドラインです。

 

本アイテムは、SALOMONの廃盤モデルであるXT-4モデル ( トレイルランニングモデル ) を復刻。THE BROKEN ARM別注カラーのスペシャルエディションです。

 

アッパー両サイドのシューレースホールからミッドソール部分に掛けて伸びるトライアングルはセンシフィットと呼ばれる機能から生まれたデザインです。シューレースを締め上げる事でトライアングル部分に作用し足をしっかりと包み込む効果がございます。安定感がありフィットする点が特徴となっております。

 

アウトソールとミッドソールの間にSALOMON独自の薄型構造の高機能シャーシ ( フレーム ) を施す事で優れた安定性と反発力に繋がっています。着地のショックを吸収しつつその反発を最大限に利用可能な設計であり、ねじれ防止にも繋がっています。

 

アウトソールはソール製作で有名な他社ソールを採用せずSALOMON独自開発ソールである点もポイントです。Wet Traction Contagrip®ソールを採用し、高いグリップ力が特徴となっております。SALOMONブランドのソールは密度、配合、形状の三要素を複合し様々な地形や動きに適したグリップ力と耐久性を発揮出来るように開発されています。異なる素材の圧着技術の高さも同ブランドの強みです。

DENSITY ( 密度 )・・・パーツごとに異なる密度の素材を組み合わせグリップ力と耐久性を向上

COMPOUND ( 配合 )・・・ 20種類以上の素材を最適に配合し様々な地形や動きに相応しいコンパウンド設計

GEOMETRY ( 形状 )・・・ 様々な形状を組み合わせて最適なソリューションを提供

 

シューレースは、QUICKLACEシステムを採用しています。締めることも緩めることも容易で個々の足にジャストフィットするホールド感がございます。インソールは、Ortholiteを採用。足へのフィット感を高めクッション性や快適性が持続するインソールです。

 

宜しくお願い致します。