2018 SPRING SUMMER blackmeans×ELIMINATOR コラボレートライダースジャケット

f:id:hynm_eliminator:20171126214209j:plain

国内最高峰の高品質な物作りで日本のみならずPUNK発祥の地UKでも高い評価を得ているblackmeans。

自身達のブランド以外にも、国内外問わず数々の有名ブランドのレザーアイテムの製作を手掛ける日本が世界に誇るブランドblackmeansと、ELIMINATORがコラボレートライダースをリリース致します。

f:id:hynm_eliminator:20171126212434j:plain初のコラボレートライダースリリース時にも申し上げましたが、物や情報が溢れ飽和状態にある世界で、必要となってくる一つはマニアックな精神で一つの事に突き詰めているひたむきさや、その姿勢だと思います。これしかないんだ。というぶれない信念を突き詰め表現したアイテムは洋服以上のARTになると信じています。

f:id:hynm_eliminator:20171126213608j:plain

f:id:hynm_eliminator:20171126221653j:plain

<アイテムポイント>
1 ) blackmeansブランドの既存のパターンではなく、本アイテムの為のオリジナルパターンで製作をしております。極端なオーバーサイズで80's感を演出しています

2 ) モデルはライトニングタイプを採用

3 ) ライトニングタイプ ( アメリカンではなくUKのライダースの形 ) でありながらボリュームのあるサイズ感が特徴。


4 ) 単にサイズ感を大きくしたのではなくディテールまでも巨大化致しました。巨大化する事でチェスト、スリーブ、腹部のポケットは収納力が生まれ実用性のある仕様となっております

5 ) ボディーのレザーは国内にて加工を施したシープスキンを用い作製。見た目に反して柔らかく軽量である点が特徴です。顔料プリントを施し黒く染めたのちにクラック加工を施しています。顔料が多すぎても極端に広範囲で割れてしまったり、顔料が少なすぎてもボディーカラーのBLACKが薄くなってしまう為、絶妙なバランスにて仕上げています

6 ) ジップ、ボタンの付属は全てシルバーに統一

7 ) 背裏切替部分と内側の玉縁ポケット部分には、70年代後半から80年代にフーリガンが確立したUKファッションスタイル、※1「 カジュアルズ 」において取り入れられていた某UKトラディショナルブランドのヴィンテージコートの生地を施しています。ライニングはミリタリーモールスキンプレミアムピーチ ( 高密度に織り上げたモールスキンに起毛を施しミリタリーテイストを表現 ) を採用

※カジュアルズとは、70年代後半から80年代に確立された数あるUKのストリートファッションのスタイル名称の一つであり、発祥の地はリヴァプールとされています。高級スポーツブランド ( インポート ) とUKトラディショナルブランドをミックスアップするファッションスタイルを指し、主にフィラやセルジオ・タッキー二などのスポーツブランド、そしてバーバリーアクアスキュータムなどのトラディショナルなブランドが用いられていました。現代において当たり前となっているスポーツブランドとラグジュアリーブランド/トラディショナルブランドを融合させたスタイルの源流とも言えるファッションスタイルです。元々はフーリガン達から派生したものでした。このファッションスタイルは後にRAVEスタイルにも繋がって行きます。

HI-TEC HTS74 ( ハイテック エイチティーエス74 ) / SILVER SHADOWモデル

f:id:hynm_eliminator:20171116124102j:plain

f:id:hynm_eliminator:20171112230937j:plain

新規取り扱いブランドとなる、HI-TEC HTS74 ( ハイテック エイチティーエス74 ) からSILVER SHADOWモデルをご紹介致します。

 

英国のアウトドアブランドHI-TEC ( ハイテック ) が手掛けるファッションラインがHTS74です。本ラインは2017年よりスタート致しました。

 

HI-TECは1974年に英国で誕生し、トレッキングシューズで特に有名なブランドです。1978年に世界で初めて軽量のトレッキングシューズを世に送り出し、それまで重い事が当たり前だったアウトドアシューズに革命をもたらしたブランドです。

 

HTS74コレクションは、HI-TECが長い歴史の中で培ってきたパフォーマンステクノロジーと、80〜90年代のレトロなアッパーデザインをミックスさせた点が特徴です。

 

今回入荷のモデルは、1981年リリースのSILVER SHADOWシューズをベースにアップデートしています。レトロなアッパーに、HI-TEC社とVibram社が共同開発した高機能アウトソールを搭載しています。ビブラム・ローリングゲイトシステムと呼ばれるボリューミーなソールは、自然な足運びをサポートし、筋肉疲労を軽減させる特徴があります。

 

※1981年にリリースされたSILVER SHADOWモデルは同年に開催されたロンドンマラソンにおいて、参加者の約23%がSILVER SHADOWモデルを着用していたという歴史的事実もございます。

 

単なる懐古主義的復刻モデルではなく、最新の機能を纏い尚且つ 「 今 」 を感じさせる現代的なフォルムに仕上げられた一足となっております。

 

宜しくお願い申し上げます。

ISLE SKATEBOARDS×OLIVER LARIC

f:id:hynm_eliminator:20171105205856j:plain

UKのスケートブランド、ISLE SKATEBOARDSが入荷しております。

 

ISLE SKATEBOARDSは、元Blueprintのライダー兼ディレクターを務めたポール・シャイアとニック・ジェンセンが中心となり、2013年からスタートしたUKのスケートチームです。

 

ポール・シャイアはBlueprint以降、DVSのチームマネージャーを経験。ISLEの他に、adidas skateboardingで世界中のライダー達を統括する立場でもある人物です。ニック・ジェンセンはセントラル・セント・マーティンスチェルシー大学でファインアートを学び、画家としての顔も持っています。ニックはISLEのビジュアル面を支え、スケーターとしてもUKを代表する人物です。ISLE SKATEBOARDSの名の由来は、ISLAND、島です。自分の島を見つけて欲しいという願いが込められています。

 

17AWコレクションのアーティストシリーズのアートワークは、1981年オーストリアインスブルック生まれのアーティストである、OLIVER LARIC ( オリバー・ラリック ) が担当しています。上記でご紹介致しました、ニック・ジェンセンがオリバー・ラリックにコンタクトを取りコラボレーションに至ったそうです。

<ISLE SKATEBOARDS×OLIVER LARIC>

詳細をELIMINATOR WEBサイトのNEWSコンテンツにアップ致しましたので、どうぞ、ご覧下さい。

http://www.eliminator.co.jp/wp/notice/isle-skateboards-from-uk/

 

「 人から車へ、人から豹へと 」。あるモノが、またある別のモノへと変容 ( トランスフォーメーション ) していく手法はオリバー・ラリック特有の表現方法と言えます。現実世界とインターネット上の世界との境界線があやふやになってきている現代においてアーティストとしてアートを通じて何が出来るか? 自分が何者なのか? 変化し続ける事は良い事なのか悪い事なのか? 現実では有り得ないグラフィックを発表する事で受け手にその意図を考えて貰える事を期待したアートワークとなっております。

 

オリバー・ラリック・・・

ウィーン応用美術大学でグラフィック・デザインを学び、現在はドイツ・ベルリンに生活と制作の拠点を置いて活動しています。3Dプリンタを用いた立体物や、映像など多様な形式の作品を世界各地で発表しています。2015年から2016年にかけて日本でもKaikai Kiki Galleryにて個展を開催致しました。

 

世界中何処にいようとも自分の島を見つけて欲しいという想いのISLE SKATEBOARDSと、現実とインターネット世界が交錯する現代において各々の存在意義を考えるきっかけとなるようなART活動を行うOLIVER LARICとのコラボレーションアイテムからは、皆さんに何か感じて頂けるものと思っています。

 

CLAUSTRUM / ARTICULAR WALLET

f:id:hynm_eliminator:20171102173630j:plain

CLAUSTRUMブランドからこの秋待望の新作ARTICULAR ( 関節 ) WALLETをご紹介致します。機能に関しては下記から動画でご覧下さい。 

www.youtube.com

f:id:hynm_eliminator:20171102180025p:plain

本アイテムはボトムスのヒップポケットに収納する事を考慮しデザインされたWALLET です。ヒップポケットに収納した際のアクティビティー ( 座る動作など ) 対してWALLET自体が屈曲するデザインです。

 

ステンレスプレートのカラーは2種です。

■シルバー ¥26,000 ( 税抜 )  

振動サンダーを用い研磨を施したバイブレーションフィニッシュ仕上げ。指紋や傷が目立ちにくい加工です。

 

■ブラックマット ¥27,000 ( 税抜 )

赤錆の錆び止め用として真鍮や鉄に使用される黒錆で加工。ステンレスにサンドブラストをかけ表面に黒錆が定着しやすいような状態にした後に加工している為マットな風合いが特徴です。

 

工業用ポリエステルフィルム、国産カウレザー、高強度ステンレスという異種3素材を用いて製作されています。8ポケットのポリエステルフィルム蛇腹式カード入れは、1ポケットにクレジットカード2枚、計16枚の収納が可能。

 

蛇腹式カードケースの横にコインケースを並列に配置することで空間を2分割し、アイテム名にもなっている関節を形成。ヒップポケットにWALLETを入れた際の動きに対して本体が屈曲する構造です ( 実際にヒップポケットに収納し、屈伸などをして頂くとWALLETが動きに干渉しない点をご体験頂けるかと思います )。コイン、カード類、お札を収納可能です。

COTTWEILER FOR REEBOK

COTTWEILER FOR REEBOK

f:id:hynm_eliminator:20171012145210j:plainインターナショナル・ウールマーク・プライズの2016/17優勝者である英国ブランドCOTTWEILER ( コットワイラー ) と、UKのスポーツブランドREEBOKが初のコラボレーションを発表。

店頭に同コラボレーションのアイテムが入荷致しております。トラックジャケット、トラックパンツ、コード付きスウェットトップ、コード付きスウェットパンツ、ローカットスニーカー、ハイカットスニーカーに加え、元々、 日本未展開だったCAP ( コットワイラーのシグネチャーを感じさせるアイテム ) をELIMINATORのリクエストにて国内展開致しております。

f:id:hynm_eliminator:20171012145106j:plain

同コラボレーションプロジェクト、「 COTTWEILER FOR REEBOK 」 は2017年1 月にイタリア・フィレンツェにて開催された 「 第91回Pitti Uomo ( ピッティ・ウオモ ) 」 にて発表され、インスタレーションマリノ・マリーニ美術館で行われました。

f:id:hynm_eliminator:20170112202453j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170112202123j:plain

COTTWEILER FOR REEBOKの17AWのテーマは 「 スパ 」。
REEBOK SPAと題し、アフタースポーツ、つまりは身体を休めるヒーリングやリラグゼーションの際に着用するようなセラピー的効果を与える服をイメージし製作されました。

インスタレーション会場には、岩盤浴や砂風呂、ウォーターベッドをイメージした様な設備が実際に展示されモデルを横たわらせたりするなどアフタースポーツのシチュエーションを視覚化していました。さらに実際の商品クオリティーに関しても、COTTWEILERとReebokの技術者とが互いに協力し本コラボの為の素材開発をするなど話題性だけではないスポーツブランドとのコラボレーションらしいコレクションとなっています。

f:id:hynm_eliminator:20171012145047j:plain

f:id:hynm_eliminator:20171012145022j:plainCOTTWEILER は、サヴィルローのオズワルドボーティングで 6 年間修行したBen Cottrellと、スポーツメーカー勤務・KIM JONESインターンを経験したMatthew Daintyによる英国ブランドです。ブリストルカルチャー ( 特に音楽が胆でありマッシヴ・アタックをフェイバリットアーティストに挙げています ) からのインスパイアがデザインの軸となっています。 同ブランドはスポーティーでクールなイメージを持つブランドではありますが、単なるスポーツウエアを作り出そうとしている訳ではございません。
「 スポーツ+テーラリング 」 = テーラリングを作る感覚でスポーツウエアを生み出そうとしています。故にラグジュアリーな素材や特種な素材を用いる場合もございます。何故にそれが好きなのか?という点を徹底的に追求し、更にコレクションの中にメッセージをプラスし提案しています。

COTTWEILER ブランドはファッション世界以外のこの世界の現在の状況と、これから来る未来を見据えており、 現状に満足する事無くまた現在の問題点 ( 例えば環境問題や人種問題など ) を改善出来るようなメッセージをコレクションを通じて伝えていきたいと想っている、 そういったデザイナーです。 真摯に物作りに取り組むストイックなデザイナーの手掛けるアイテムにご期待下さい。