adidas by RAF SIMONS/DETROIT RUNNER [ NEW MODEL ]

f:id:hynm_eliminator:20170907132311j:plain
UKカルチャーをデザインのインスパイア源の一つとするRAF SIMONSと、UKカルチャーの中で選ばれ続けて来たadidasとの意味のあるコラボレーション。2017年秋冬で9シーズン目を迎えます。

同プロジェクト待望の新作モデル、DETROIT RUNNERのご紹介です。

オールドスクールさを感じさせるキャンバススニーカーにフューチャリスティックなソールパーツを融合したデザインは、RAF SIMONSシグネチャーブランドの12AW、13SSコレクションそして同プロジェクトでリリースされてきたBOUNCEやRESPONSE TRAIL、OZWEEGOといったモデルのアッパーデザイン ( 靴が靴を履いているかのような、つまりは二足履いているかの様なレイヤーデザイン ) を踏襲しつつ進化させています。

f:id:hynm_eliminator:20170904220146j:plain
さらに、ベースのキャンバススニーカーに結合したソールパーツが、着用した際に革靴のウェルト・コバのようにも映りエレガントさや上品さも兼ね備えています。光沢のあるパーツ部分は無骨かつボリュームのあるラバーのアウトソールを支える、まるでタイヤのホイールのような印象になっております。

C.P.COMPANY/EXPLORER JACKET

f:id:hynm_eliminator:20170831185822p:plain
ELIMINATOR新規取り扱いブランドであるC.P.COMPANY ( シーピー・カンパニー ) から同ブランドのアイコンであるEXPLORER JACKETのご紹介です。

C.P.COMPANYは、グラフィックデザイナーであったMASSIMO OSTI ( マッシモ・オスティ ) によって1975年にイタリア・ボローニャにて創設されたブランドです。
※STONE ISLANDブランドは、C.P. COMPANY社が1981年に設立したブランドです。

C.P.COMPANYは、ミリタリーウエアの持つ機能性や素材からインスパイアされたブランド。
ミリタリーウエアのアーカイブを収集し、ディテールを分析・再構築することでデザインをスタートしました。特徴は、他社には無い独自の染色・加工技術が特に有名です ( 3万点以上ものアーカイブを集め研究し、世界で初めて製品染めをしたのがC.P. COMPANYと言われています。コーティングやラミネート技術などもC.P. COMPANYは早くから開発していました ) 。

特に異なる組成を同時に染色し、それぞれの組成に別々の化学的アプローチを働きかけることで " Tone on Tone " の印象的なカラーに染め上げる " Double dye in a single bath " という手法の開発などはマッシモ・オスティが 「 ファッションを改革した先駆者 」 と呼ばれる理由の一つともなっています。

同ブランドのアイコンであるEXPLORER JACKETは、1987年に発表され、元々は、ガスや塵などから目や口を守るために考案されたライフジャケットでした。
シーズンに1型〜2型のみの作製 ( 17AWは2型のみ ) という貴重なモデルとなっております。1987年〜2003年まで作製。2004年〜2015年まで作製せず、2016年からコレクションに再登場したモデルとなっております。衣類にゴーグルレンズを付けたのは、マッシモ・オスティ自身が眼鏡コレクターであった事も理由の一つなのかもしれません。

2012年11月よりデザインチームにPaul Harvey ( ポール・ハーヴェイ ) が加入。氏はセントラル・セント・マーチンスを卒業。サボタージュ、モンクレールでデザインを手掛け、現在はC.P. COMPANYの他にTEN Cやバラクータなども手掛けている人物です。

本アイテムは、ポリエステルフィルムにメッシュ素材をラミネートした素材を用い作製されています。柄のデザインは、ロシア軍の秘密軍組織夜間部隊に使用されるナイトカモ柄を採用。ある種のコレクターの間では幻のカモフラージュとも言われているものです。ゴーグルレンズ ( 取り外し可能です ) が搭載され、フルフェイスで被る事が可能。※元々はフルフェイスで被る事でガスや塵などから目や口を守るために考案されました。

イタリアの高級ブランドという一面もございますが、フットボールがエンターテインメントの一つではなく、文化として根付いている国や地域の人々にとって同ブランドは特別な存在です。C.P. COMPANYを身に纏う事は、ある種のステータスであり、フーリガンのファッションスタイルにおいては連帯感を高めるユニフォーム的な側面もあります。※実際にフーリガンがC.P. COMPANYやSTONE ISLANDを着用するようになったのは90年代半ば頃です。

ELIMINATOR2000年の創設当時から大切にしてきているUKのファッションスタイルの一つにCASUALSがございます。CASUALSとは、70年代末から80年代に確立された数あるUKのストリートファッションのスタイル名称の一つであり、発祥の地はリヴァプールとされています。

スポーツブランドをファッションとして取り入れるスタイル、そしてスポーツブランドとラグジュアリーブランドやトラディショナルブランドを融合させたスタイルの源流とも言えるファッションスタイルCASUALSは、元々はフーリガン達から派生したものでした。このファッションスタイルは後にRAVEスタイルにも繋がって行きます。

現代において当たり前となっているスポーツミックススタイルの原型を作ったCASUALSスタイルにおいて代名詞的な同ブランド、このようなバックグラウンドをご理解頂く事もメンズファッションにおいて重要なファクターだと考えております。

f:id:hynm_eliminator:20170831184936j:plain

adidas skateboarding/BUSENITZ MODEL

adidas skateboarding/BUSENITZ MODEL

f:id:hynm_eliminator:20170824130756j:plain
adidas skateboarding ( アディダス スケートボーディング ) からBUSENITZモデルのご紹介です。

adidas skateboardingは、スケートボーダーに最高のプロダクトを提案すべく、2006年からスタートしました。
adidas ORIGINALSから派生したスケートボーダーの為の特別ラインです。

ライダーにはマーク・ゴンザレス、デニス・ブセニッツ、ティム・オコナー、サイラス・バクスターニール等が所属し、統括している人物はELIMINATOR WEB STORE BUILDINGでも以前ご紹介致しました、ISLE SKATEBOARDSブランドを手掛けるポール・シャイアが担当しています。

本アイテムは、ドイツ出身ライダーそしてadidas skateboardingの看板ライダーでもある 「 デニス・ブセニッツ 」 のシグネチャーモデルです。

adidas ORIGINALSから派生したレンジらしく、本アイテムもadidasの名作をベースにアップデートしています。

1982年リリースのコパ・ムンディアルというモデルをアップデートしています ( デニス・ブセニッツ本人からのリクエストによるモデル選定 ) 。

さらに、スケートボード仕様の機能性をプラス。フィット感と快適さをもたらす人間工学に基づいたGEOFIT構造を採用 ( シュータン、ヒール部分にパットクッションを入れています ) 。

宜しくお願い申し上げます。

2017 AUTUMN WINTER ARC’TERYX VEILANCE 1st DELIVERY

2017 AUTUMN WINTER ARC’TERYX VEILANCE 1st DELIVERY

f:id:hynm_eliminator:20170810112823j:plain
ARC’TERYX VEILANCEの2017年秋冬1stデリバリー分が明日店頭に入荷予定です。

ARC’TERYX VEILANCE ( アークテリクス・ヴェイランス ) は、ARC’TERYXのアーバンファッションレンジです。

UKスタイルを常にベーシックとするELIMINATORでは、マンチェスター的な男らしさを感じさせるハイエンドなストリートスタイルを表現できるブランドとしてARC'TERYX VEILANCEをセレクト致しております。

ブランドの詳細を下記にアップ致しましたので、どうぞ、ご覧下さい。

http://www.eliminator.co.jp/wp/brand/arcteryx-veilance/


宜しく御願い致します。

adidas by RAF SIMONS

UKカルチャーをデザインのインスパイア源の一つとするRAF SIMONSと、UKカルチャーの中で選ばれ続けて来たadidasとの意味のあるコラボレーション。2017年秋冬で9シーズン目を迎えます。新作アイテムをWEB STORE BUILDINGにアップ致しました。

f:id:hynm_eliminator:20170727125211j:plain
60年代中期にリリースされたハイレットをルーツに持つスタンスミスモデルのベルクロバージョンである、「 スタンスミスコンフォート 」をベースにアップデートした本アイテム。通常、サイド部分にはベンチレーションホール ( 通気口 ) が施されますが、本アイテムはRAF SIMONSデザインらしいレタードワッペンが施されています ( RAF SIMONS自身のコレクションでもスクールテイストはよく盛り込まれる表現です ) 。一見、幾何学模様のようですが、 RAF SIMONSのイニシャル「 R 」と「 S 」を表現しています。

何と言ってもポイントはシュータン部分のイラストです。右足シュータンはスタンスミス、左足シュータンはRAF SIMONS自身のイラストになっております。両足のシュータンイラストを自身のイラストにしなかったのは、大きなポイントであり、RAF SIMONSからスタンスミスへの特別な想いを表しているのではないでしょうか。

f:id:hynm_eliminator:20170727125304j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170727125513j:plain
本アイテムは、1984年に発売されたadidasのSPIRITモデルをベースにアップデート。

adidasブランドの84年リリースと言えば、デジタルLCDマイクロコンピューター搭載のマイクロペーサーモデルや、状況に応じてソールのクッショニングが調整できる「バリオウェッジソールシステム」を採用したライジングスターモデル等、ハイテクスニーカーにスポットがあたりがちですが本アイテムの様なローテクの名作もリリースされていました。

 

f:id:hynm_eliminator:20170727125848j:plain
OZWEEGOは同プロジェクトがスタートした13AWからコレクションの中で採用されてきたモデル。RAF SIMONSシグネチャーブランドの12AW、13SSコレクションでリリースされたランニングスニーカーのアッパーデザイン ( 二足履いているかの様なレイヤーデザイン ) を踏襲しリリースした背景があり、スポーティーさとアート性を兼ね備えた、どこにもないデザインのスニーカーに仕上がっている点が特徴です。

adidas PERFORMANCEのOZWEEGOモデルをベースにアップデートしている為、機能も搭載している点も魅力です。つま先部分には蹴り出しの力強さをサポートするadiPRENE+ ( アディプリーンプラス ) 、アウトソールには、adiWEAR (長時間の着用にも耐えうる耐磨耗強化ラバー ) を採用しています。