COTTWEILER FOR REEBOK

COTTWEILER FOR REEBOK

f:id:hynm_eliminator:20171012145210j:plainインターナショナル・ウールマーク・プライズの2016/17優勝者である英国ブランドCOTTWEILER ( コットワイラー ) と、UKのスポーツブランドREEBOKが初のコラボレーションを発表。

店頭に同コラボレーションのアイテムが入荷致しております。トラックジャケット、トラックパンツ、コード付きスウェットトップ、コード付きスウェットパンツ、ローカットスニーカー、ハイカットスニーカーに加え、元々、 日本未展開だったCAP ( コットワイラーのシグネチャーを感じさせるアイテム ) をELIMINATORのリクエストにて国内展開致しております。

f:id:hynm_eliminator:20171012145106j:plain

同コラボレーションプロジェクト、「 COTTWEILER FOR REEBOK 」 は2017年1 月にイタリア・フィレンツェにて開催された 「 第91回Pitti Uomo ( ピッティ・ウオモ ) 」 にて発表され、インスタレーションマリノ・マリーニ美術館で行われました。

f:id:hynm_eliminator:20170112202453j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170112202123j:plain

COTTWEILER FOR REEBOKの17AWのテーマは 「 スパ 」。
REEBOK SPAと題し、アフタースポーツ、つまりは身体を休めるヒーリングやリラグゼーションの際に着用するようなセラピー的効果を与える服をイメージし製作されました。

インスタレーション会場には、岩盤浴や砂風呂、ウォーターベッドをイメージした様な設備が実際に展示されモデルを横たわらせたりするなどアフタースポーツのシチュエーションを視覚化していました。さらに実際の商品クオリティーに関しても、COTTWEILERとReebokの技術者とが互いに協力し本コラボの為の素材開発をするなど話題性だけではないスポーツブランドとのコラボレーションらしいコレクションとなっています。

f:id:hynm_eliminator:20171012145047j:plain

f:id:hynm_eliminator:20171012145022j:plainCOTTWEILER は、サヴィルローのオズワルドボーティングで 6 年間修行したBen Cottrellと、スポーツメーカー勤務・KIM JONESインターンを経験したMatthew Daintyによる英国ブランドです。ブリストルカルチャー ( 特に音楽が胆でありマッシヴ・アタックをフェイバリットアーティストに挙げています ) からのインスパイアがデザインの軸となっています。 同ブランドはスポーティーでクールなイメージを持つブランドではありますが、単なるスポーツウエアを作り出そうとしている訳ではございません。
「 スポーツ+テーラリング 」 = テーラリングを作る感覚でスポーツウエアを生み出そうとしています。故にラグジュアリーな素材や特種な素材を用いる場合もございます。何故にそれが好きなのか?という点を徹底的に追求し、更にコレクションの中にメッセージをプラスし提案しています。

COTTWEILER ブランドはファッション世界以外のこの世界の現在の状況と、これから来る未来を見据えており、 現状に満足する事無くまた現在の問題点 ( 例えば環境問題や人種問題など ) を改善出来るようなメッセージをコレクションを通じて伝えていきたいと想っている、 そういったデザイナーです。 真摯に物作りに取り組むストイックなデザイナーの手掛けるアイテムにご期待下さい。

maharishi 17AW

f:id:hynm_eliminator:20171005180743j:plainHardy Blechman( ハーディー・ブレックマン )が1994年にスタートしたUKブランド、MAHARISHIの17AWが代官山店頭に入荷致しました。

f:id:hynm_eliminator:20171005181109j:plain

f:id:hynm_eliminator:20171005181048j:plain過去、そして現在においても、ミリタリーコレクターのデザイナーが作る独特な世界観への評価は高く、様々なアーティストやブランドとのコラボレートアイテムをリリースしています。

ストリートスタイルにおけるミリタリーテイスト・ミリタリーアイテムの普及はmaharishiブランドの功績も大きいと考えています。

今期は、毎シーズンご好評頂いておりますボトムスアイテムに加え、キルティングライナーコート、ナイロンプルオーバー、メッセージ性のあるエンブロイダリーポンチョをラインアップ致しております。

どうぞ、宜しく御願い致します。

CHRISTOPHER RAEBURN 2017AW DELIVERY COMPLETED

f:id:hynm_eliminator:20170927191538j:plain

様々なブランドや著名企業とのコラボレーションを行い世界的に注目を集めるUKデザイナー、クリストファー・レイバーン ( RCA卒業 ) 。彼自身の名を冠するブランド “ CHRISTOPHER RAEBURN ” の2017年秋冬コレクションが完納致しました。代官山店頭でご覧頂けます。

f:id:hynm_eliminator:20170927191053j:plainショールックでも使用されていたフリース・サーマル切替スウェットトップ、スウェットパンツに加え、パラシュート生地を用いたパーカ、英国軍のスモックを用い再構築したボンバージャケットやフィールドジャケット等のREMADEアイテムをラインアップ致しております。

f:id:hynm_eliminator:20170927191333j:plain昔の軍物の素材は、現代の最先端の生地の様な利便性は無いかもしれませんが、置かれる環境下に適した機能性が非常に重要視されており、今では手に入らないようなマテリアルばかりです。そんなドラマのある生地に魅了されたクリストファー・レイバーンは、古い生地を使いたいが為にリメイドをするようになったとの事です。
一般的なリメイクブランドとの決定的違いは、リアルに実在していた生地、または実際に使用されていたウエアを解体した生地を用いて再構築している点です。

宜しく御願い致します。

HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) / SPEEDGOAT 2モデル

先週に続き、新規取り扱いブランドとなるHOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) からSPEEDGOAT 2モデルのご紹介です。

f:id:hynm_eliminator:20170921145701j:plain
多くの100マイルレースの記録を保持し、米国南部14州にまたがる総距離約3,500km、世界最長の自然歩道であるアパラチアン・トレイルを最速突破するなど、まさに 「 どこでも行って何でも走る 」 を体現するウルトラランナー " Karl Meltzer " にインスパイアされ、どのような複雑なトレイルにも挑めるように本アイテムはデザインされました。

同ブランドは、2009年フランス・アネシーにて、Jean-Luc-Diard ( ジャン・リュック・ディアード ) とNicolas Mermoud ( ニコラス・マーモッド ) によって創設されました。

ブランド名の、HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) とは、ニュージーランドマオリ族の言葉で、Time to Fly ( さぁ、飛ぼう ) を意味します。

HOKA ONE ONEのルーツは山にあり、ランナーが楽に、たのしく、そして速く走れるようにデザインされています。

創業者の二人は、ランニングシューズが他のスポーツカテゴリーのものと比べて進化のスピードが遅いと感じ、ランニングシューズの本質を見直すことで、楽に下り坂を走れるシューズを生み出したいと思った事がきっかけの一つとなりHOKA ONE ONEを設立。
※山を駆け下りる為のトレイルランニングシューズは、2009年当時とそこから30年も前の80年代のシューズと比較しても、あまり変化が無かったそうです。

HOKA ONE ONEと他のブランドの最も大きな違いは、クッション性と軽量性を両立している点です。足の保護性も高く衝撃吸収性も優れているにも関わらず軽量である点が大きなポイントとなっております。
※2016年、トレイルランニングの最高峰レースの一つであるUTMBで、男女共に契約アスリートが優勝致しました。

本日ご紹介のSPEEDGOAT 2モデル ( TRAILモデル ) の搭載テクノロジーは下記です。

■MIDSOLE VOLUME
通常のランニングシューズと比べて約2倍のボリュームを持ったEVA製ミッドソールは、高いパフォーマンスを発揮する為に軽量クッショニング素材を使用。まるでマシュマロの様な極上の履き心地を実現。優れた衝撃吸収性もポイントです。

■META ROCKER GEOMETRY
スムーズな足運びを促す為にドロップ ( つま先と踵の高低差 ) の差を少なくし、つま先と踵部分を滑らかに削ぎ落とした独自のアウトソール形状が特徴。まるで車輪が回転する様な流動性がある、ローリング運動を導く事で自然な体重移動を実現。少ない力で最大の効果を発揮するテクノロジー。

■ACTIVE FOOT FRAME
ミッドソールに搭載されたACTIVE FOOT FRAMEは、足全体をしっかり包み込み、 足がシューズと一体化するHOKA ONE ONE独自のミッドソールです。 踏み込んだ時の縦横の揺れやズレを防ぎ、高い安定性を保つ点が特徴。

その他、インソールはOrtholiteを採用。足へのフィット感を高め、クッション性や快適性が持続するインソールです。アウトソールは、濡れていたり起伏の激しい環境でも最大のグリップ力を発揮し、耐久性にも優れているvibram®メガグリップハイトラクションアウトソールを採用しております。

WEB STORE BUILDINGにも本日アップ致しましたので、ご覧下さいませ。

HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) / STINSON ATR4

f:id:hynm_eliminator:20170914114959j:plainHOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) からSTINSON ATR4モデルをご紹介致します。

同ブランドは、2009年フランス・アネシーにて、Jean-Luc-Diard ( ジャン・リュック・ディアード ) とNicolas Mermoud ( ニコラス・マーモッド ) によって創設されました。

ブランド名の、HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) とは、ニュージーランドマオリ族の言葉で、Time to Fly ( さぁ、飛ぼう ) を意味します。

HOKA ONE ONEのルーツは山にあり、ランナーが楽に、たのしく、そして速く走れるようにデザインされています。

創業者の二人は、ランニングシューズが他のスポーツカテゴリーのものと比べて進化のスピードが遅いと感じ、ランニングシューズの本質を見直すことで、楽に下り坂を走れるシューズを生み出したいと思った事がきっかけの一つとなりHOKA ONE ONEを設立。
※山を駆け下りる為のトレイルランニングシューズは、2009年当時とそこから30年も前の80年代のシューズと比較しても、あまり変化が無かったそうです。

HOKA ONE ONEと他のブランドの最も大きな違いは、クッション性と軽量性を両立している点です。

足の保護性も高く衝撃吸収性も優れているにも関わらず軽量である点が大きなポイントとなっております。※2016年、トレイルランニングの最高峰レースの一つであるUTMBで、男女共に契約アスリートが優勝致しました。

ご紹介のSTINSON ATR4モデル ( 全路面対応型モデル ) の搭載テクノロジーは下記です。

■MIDSOLE VOLUME
通常のランニングシューズと比べて約2倍のボリュームを持ったEVA製ミッドソールは、高いパフォーマンスを発揮する為に軽量クッショニング素材を使用。まるでマシュマロの様な極上の履き心地を実現。優れた衝撃吸収性もポイントです。

■META ROCKER GEOMETRY
スムーズな足運びを促す為にドロップ ( つま先と踵の高低差 ) の差を少なくし、つま先と踵部分を滑らかに削ぎ落とした独自のアウトソール形状が特徴。まるで車輪が回転する様な流動性がある、ローリング運動を導く事で自然な体重移動を実現。少ない力で最大の効果を発揮するテクノロジー。

■ACTIVE FOOT FRAME
ミッドソールに搭載されたACTIVE FOOT FRAMEは、足全体をしっかり包み込み、 足がシューズと一体化するHOKA ONE ONE独自のミッドソールです。 踏み込んだ時の縦横の揺れやズレを防ぎ、高い安定性を保つ点が特徴。

その他、インソールはOrtholiteを採用。足へのフィット感を高め、クッション性や快適性が持続するインソールです。STINSON ATR4モデルはHOKA ONE ONEブランドの中で最もミッドソールが厚く高いクッション性を誇ります。

WEB STORE BUILDINGにも本日アップ致しましたので、ご覧下さいませ。