MACKINTOSH0002

f:id:hynm_eliminator:20170623102623j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170623113833j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170623104709j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170623110129j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170623111239j:plain

シグネチャーブランドも大変ご好評頂いております、KIKO KOSTADINOV ( キコ・コスタディノフ ) がディレクションを務める、MACKINTOSHのプレミアムライン、MACKINTOSH 0002が店頭に完納致しております。

※MACKINTOSHに関しましては、長い歴史に裏打ちされた確かな品質も勿論素晴らしいですが、ELIMINATORとしてはジョイ・ディビジョンのフロントマン、イアン・カーティスが着用していたブランドという事実から音を感じさせるファッションアイテムという捉え方を致しております。

 

同プロジェクトは、シーズンごとにナンバリングされ ( 初回となった17AWは0001。今期18SSは0002となります ) 、1823年創業のMACKINTOSHのこれまでの軌跡を辿りながら同時に新しい物語を紡いでいくコンセプチュアルなコレクションです。

 

ラバーに焦点を当てた0001コレクションに対し、MACKINTOSH0002は、ガラスに注目したコレクションとなっております。

 

1925年生まれのイタリア人芸術家マリオ・メルツの1985年のアート作品 ” Igloo, Do We Go Around Houses, or Do Houses Go Around Us? " ( イグルー[イヌイットの伝統的な氷のシェルター]、我々が家を巡るのか、それとも家が我々を巡るのか? ) 」。からインスパイアを受け製作。このアート作品は、1960年代後半のイタリアの美術運動である" アルテ・ポーヴェラ "を代表する作品です。アルテ・ポーヴェラ ( 貧しい芸術 ) は、絵具やキャンバス、粘土、ブロンズなどの伝統的な美術の画材を放棄して、非芸術的な、新聞紙、自然の木材や石、ロープなどの素材をあまり加工せずに頻繁に用いるといった、美術運動です。批評家ジェルマーノ・チェラントが命名。

 

ウエアのみならずコレクションの魅せ方の一つとしてインスタレーションでは、C型クランプを組み合わせたガラスの台にモデルを乗せた演出をしておりました。

 

詳細は下記NEWSコンテンツからご覧下さいませ。

MACKINTOSH0002 | ELIMINATOR

18SS RAF SIMONS×FRED PERRY

f:id:hynm_eliminator:20180405130227j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180405130237j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180405130248j:plain

18SS RAF SIMONS×FRED PERRYが完納致しました。

 

UKカルチャーをデザインのインスパイアー源の一つとするRAF SIMONSと、UKカルチャーの中で選ばれ続けて来たFRED PERRYとの、名前だけではない意味のあるコラボレーションとなっております。

 

18SSシーズンはパンクの「 D.I.Y 」精神にインスパイアーされたデザイン。ダクトテープをイメージしたメタリックなラバープリントがローレルマークの下に配されています。

既成概念に捕らわれず自由な発想が重要であるというメッセージが込められたコレクションです。

FRED PERRY LAUREL WREATH SPECIAL EDITION FOR ELIMINATOR

f:id:hynm_eliminator:20180311213435j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180311214534j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180311215704j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180311214947j:plain

FRED PERRY LAUREL WREATHのELIMINATOR別注アイテムのご紹介です。

このスペシャルエディションアイテムの最大のポイントは、LAUREL WREATH初の別注アイテムであるという点です。

 

UK本国から企画発信されているLAUREL WREATHラインは、ロゴマークである月桂樹の葉の数が30枚である事が非常に大きなポイントです。この30枚の月桂樹はFRED PERRYの中期頃 ( ブランド創設期は16枚スタート ) から使っているロゴです。

 

素材にはLAUREL WREATH定番のトリコットジャージー生地を用いています。生地の表面を裏として、裏面を表として使用する事 ( 本来の生地を表裏逆に使用 ) で、ジャージー生地特有のシャイニーな印象ではなく、マットでモード感のある表情に仕上げている点がポイント。30枚葉の月桂樹ロゴ刺繍は後身頃に施されています。

 

ジャージー生地を用いたトラックパンツでありながら、クラシックなスラックスの様な上品さのあるシルエットも魅力です。スラックスと同様にウエストベルト、ベルトループを施しながらも、ウエスト部分にスピンドルを採用する事で、LAUREL WREATHらしい洗練されたスポーティーさと、上品さを併せ持つアイテムとなっております。LAUREL WREATHからリリースされているトラックジャケットとのセットアップも可能なアイテムでもございます。

 

宜しくお願い致します。

 

 

bagjack in stock

ドイツ・ベルリン発のブランドBAGJACK ( バッグジャック ) 。国営バレエ団の研修生、ドイツ初のメッセンジャーサービスの立ち上げ、ドイツ政府や特殊部隊、SP用のバッグの設計など、異色の経歴を持つPeter Brunbergが手掛けるブランドがBAGJACK ( バッグジャック ) です。

f:id:hynm_eliminator:20151123220843j:plain

http://www.eliminator.co.jp/products/detail1141.html 

コブラバックルベルトのエリミネイタースペシャルバージョン。ベルトの長さを30cmプラスした特別仕様となっております。

f:id:hynm_eliminator:20170430213458j:plain

http://www.eliminator.co.jp/products/detail1171.html

SPUTNIK LITTLE MESSENGER。メッセンジャーに加え、ベルトを通す事でウエストバッグとしても使用可能です。

f:id:hynm_eliminator:20161204215634j:plain

http://www.eliminator.co.jp/products/detail1172.html

元来、ボディーにブリティッシュミラレーン社のオイルドコットンが用いられた本モデルを、国内ショールームのリクエストによりイタリア・リモンタ社のナイロンに変更したRUCKSACK。

2018SS adidas by RAF SIMONS

UKカルチャーをデザインのインスパイア源の一つとするRAF SIMONSと、UKカルチャーの中で選ばれ続けて来たadidasとの意味のあるコラボレーション。2018年春夏で10シーズン目を迎えます。

f:id:hynm_eliminator:20180222133355j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180222133546j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170705144706j:plain

f:id:hynm_eliminator:20180222133652j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170705151934j:plain

 

最新18SSコレクションは2月23日より発売です。宜しくお願い申し上げます。

 

http://www.eliminator.co.jp/products/brand65.html