adidas by RAF SIMONS

UKカルチャーをデザインのインスパイア源の一つとするRAF SIMONSと、UKカルチャーの中で選ばれ続けて来たadidasとの意味のあるコラボレーション。2017年秋冬で9シーズン目を迎えます。新作アイテムをWEB STORE BUILDINGにアップ致しました。

f:id:hynm_eliminator:20170727125211j:plain
60年代中期にリリースされたハイレットをルーツに持つスタンスミスモデルのベルクロバージョンである、「 スタンスミスコンフォート 」をベースにアップデートした本アイテム。通常、サイド部分にはベンチレーションホール ( 通気口 ) が施されますが、本アイテムはRAF SIMONSデザインらしいレタードワッペンが施されています ( RAF SIMONS自身のコレクションでもスクールテイストはよく盛り込まれる表現です ) 。一見、幾何学模様のようですが、 RAF SIMONSのイニシャル「 R 」と「 S 」を表現しています。

何と言ってもポイントはシュータン部分のイラストです。右足シュータンはスタンスミス、左足シュータンはRAF SIMONS自身のイラストになっております。両足のシュータンイラストを自身のイラストにしなかったのは、大きなポイントであり、RAF SIMONSからスタンスミスへの特別な想いを表しているのではないでしょうか。

f:id:hynm_eliminator:20170727125304j:plain

f:id:hynm_eliminator:20170727125513j:plain
本アイテムは、1984年に発売されたadidasのSPIRITモデルをベースにアップデート。

adidasブランドの84年リリースと言えば、デジタルLCDマイクロコンピューター搭載のマイクロペーサーモデルや、状況に応じてソールのクッショニングが調整できる「バリオウェッジソールシステム」を採用したライジングスターモデル等、ハイテクスニーカーにスポットがあたりがちですが本アイテムの様なローテクの名作もリリースされていました。

 

f:id:hynm_eliminator:20170727125848j:plain
OZWEEGOは同プロジェクトがスタートした13AWからコレクションの中で採用されてきたモデル。RAF SIMONSシグネチャーブランドの12AW、13SSコレクションでリリースされたランニングスニーカーのアッパーデザイン ( 二足履いているかの様なレイヤーデザイン ) を踏襲しリリースした背景があり、スポーティーさとアート性を兼ね備えた、どこにもないデザインのスニーカーに仕上がっている点が特徴です。

adidas PERFORMANCEのOZWEEGOモデルをベースにアップデートしている為、機能も搭載している点も魅力です。つま先部分には蹴り出しの力強さをサポートするadiPRENE+ ( アディプリーンプラス ) 、アウトソールには、adiWEAR (長時間の着用にも耐えうる耐磨耗強化ラバー ) を採用しています。