C.P.COMPANY/EXPLORER JACKET

f:id:hynm_eliminator:20170831185822p:plain
ELIMINATOR新規取り扱いブランドであるC.P.COMPANY ( シーピー・カンパニー ) から同ブランドのアイコンであるEXPLORER JACKETのご紹介です。

C.P.COMPANYは、グラフィックデザイナーであったMASSIMO OSTI ( マッシモ・オスティ ) によって1975年にイタリア・ボローニャにて創設されたブランドです。
※STONE ISLANDブランドは、C.P. COMPANY社が1981年に設立したブランドです。

C.P.COMPANYは、ミリタリーウエアの持つ機能性や素材からインスパイアされたブランド。
ミリタリーウエアのアーカイブを収集し、ディテールを分析・再構築することでデザインをスタートしました。特徴は、他社には無い独自の染色・加工技術が特に有名です ( 3万点以上ものアーカイブを集め研究し、世界で初めて製品染めをしたのがC.P. COMPANYと言われています。コーティングやラミネート技術などもC.P. COMPANYは早くから開発していました ) 。

特に異なる組成を同時に染色し、それぞれの組成に別々の化学的アプローチを働きかけることで " Tone on Tone " の印象的なカラーに染め上げる " Double dye in a single bath " という手法の開発などはマッシモ・オスティが 「 ファッションを改革した先駆者 」 と呼ばれる理由の一つともなっています。

同ブランドのアイコンであるEXPLORER JACKETは、1987年に発表され、元々は、ガスや塵などから目や口を守るために考案されたライフジャケットでした。
シーズンに1型〜2型のみの作製 ( 17AWは2型のみ ) という貴重なモデルとなっております。1987年〜2003年まで作製。2004年〜2015年まで作製せず、2016年からコレクションに再登場したモデルとなっております。衣類にゴーグルレンズを付けたのは、マッシモ・オスティ自身が眼鏡コレクターであった事も理由の一つなのかもしれません。

2012年11月よりデザインチームにPaul Harvey ( ポール・ハーヴェイ ) が加入。氏はセントラル・セント・マーチンスを卒業。サボタージュ、モンクレールでデザインを手掛け、現在はC.P. COMPANYの他にTEN Cやバラクータなども手掛けている人物です。

本アイテムは、ポリエステルフィルムにメッシュ素材をラミネートした素材を用い作製されています。柄のデザインは、ロシア軍の秘密軍組織夜間部隊に使用されるナイトカモ柄を採用。ある種のコレクターの間では幻のカモフラージュとも言われているものです。ゴーグルレンズ ( 取り外し可能です ) が搭載され、フルフェイスで被る事が可能。※元々はフルフェイスで被る事でガスや塵などから目や口を守るために考案されました。

イタリアの高級ブランドという一面もございますが、フットボールがエンターテインメントの一つではなく、文化として根付いている国や地域の人々にとって同ブランドは特別な存在です。C.P. COMPANYを身に纏う事は、ある種のステータスであり、フーリガンのファッションスタイルにおいては連帯感を高めるユニフォーム的な側面もあります。※実際にフーリガンがC.P. COMPANYやSTONE ISLANDを着用するようになったのは90年代半ば頃です。

ELIMINATOR2000年の創設当時から大切にしてきているUKのファッションスタイルの一つにCASUALSがございます。CASUALSとは、70年代末から80年代に確立された数あるUKのストリートファッションのスタイル名称の一つであり、発祥の地はリヴァプールとされています。

スポーツブランドをファッションとして取り入れるスタイル、そしてスポーツブランドとラグジュアリーブランドやトラディショナルブランドを融合させたスタイルの源流とも言えるファッションスタイルCASUALSは、元々はフーリガン達から派生したものでした。このファッションスタイルは後にRAVEスタイルにも繋がって行きます。

現代において当たり前となっているスポーツミックススタイルの原型を作ったCASUALSスタイルにおいて代名詞的な同ブランド、このようなバックグラウンドをご理解頂く事もメンズファッションにおいて重要なファクターだと考えております。

f:id:hynm_eliminator:20170831184936j:plain