Yohji Yamamoto HOMME / STAFF SHIRT

f:id:hynm_eliminator:20180113223641j:plain

Yohji Yamamoto HOMMEから非常にスペシャルなアイテムであるスタッフシャツのご紹介です。18SSのYohji Yamamoto HOMMEは、初のライブ配信を行い、インターネットを通してランウェイの臨場感や空気感を発信していました。

 

日本が世界に誇るデザイナーである山本耀司氏が手掛ける同ブランド ( 1984年よりパリコレクションで発表 ) 。30数年前から世界に衝撃を与え、今までの美意識を完全にひっくり返した偉大なデザイナー。事実、同ブランドのコンセプトにも「山本の考える男性像は、社会の規範に縛られることなく自由な精神を持つ ” 何者だかわからない “ 男たち」。という一文もあります。今、最も世界から注目されているデザイナーの一人です。

 

本アイテムは2017年春夏シーズンに約20年以上振りにリリースされたスタッフシャツの素材変更バージョンです ( オリジナルは86年、スタッフがショーの際に着用する制服用というアイテムで当時は発売されておらず、最初のリリースは95年でした ) 。17SSリリース時はコットン100%でしたが、本アイテムは身頃にキュプラを用い作製。衿とスリーブはコットン素材です。

 

後身頃にはブランドロゴ、パリのアトリエのアドレス、17ssショーの日付がプリントされております。Yohji Yamamotoアイデンティティーが感じられるボリュームのあるシルエットがポイントでシャツは勿論、スプリングコートの様にもお召し頂けるアイテムです。

 

店頭には後身頃にシャツと同プリントを施したボーダーL/S TEEシャツもございます。

 

同ブランドの18SSテーマ : 終わりなき不満足 / ブランドからのオフィシャルリリースです

 

男は常に分裂し、自分自身に申し立てをする。 鋭い荒々しい疑いが沈潜から逆上する。 湧いては消える天の玄い水泡のように、始めなく、終わりなく。背負われ運ばれる女たちは、男のそれを知っているのか知らないのか、あたりまえの顔で前を向いている。 反して、身内に染み透るその冷たい女の面影は、幽かで詩美な青白い火花をショートさせ、遠く離れた響きを受け入れる。鋭敏な感受性に強いられた一種の胸苦しさ。 未熟で生意気な生の息吹き。