SALOMON ADVANCED

f:id:hynm_eliminator:20180207121708j:plain

 

1947年にフランスで創設され ( クロスカントリーシューズ製作からスタート ) 、同ブランドが築いてきた歴史はマウンテンスポーツの歴史そのものでもあると称されるSALOMON ( サロモン ) ブランド。18AWよりスタートした、セレクトショップを主とした流通限定ラインである 「 SALOMON ADVANCED 」 からXT-6モデルのご紹介です。

 

SALOMON ADVANCEDは、過去のモデルの復刻や当時には存在しないカラーリングでアップデートリリースするといった、ファッション目線でブラッシュアップするリミテッドラインです。

 

XT-6モデルは元々2013年に発表され現在でもリリースは継続しており同ブランドを代表するモデルです。今回ご紹介致しますモデルは、ADVANCEDラインならではのカラーリングがポイントとなっております。

 

本モデルXT-6は、SALOMONブランドのXT-WINGSをベースに開発されています。モデル名の「 6 」は、XTモデルの第6世代という意味です。アッパーは同ブランドの最先端技術である縫い目のないシームレステクノロジーを採用し、粒子の細かい砂や泥が入りにくいメッシュ構造となっております。爪先はプロテクティブTPUトウキャップでしっかりとガードしつつ軽量化も実現しています。元来選手用モデルの為、他モデルに比べ軽量である点もポイントです。また足全体を包み込む「 エンドフィット 」を採用する事でフィット感を高めています。

 

アッパー両サイドのシューレースホールからミッドソール部分に掛けて伸びるトライアングルはセンシフィットと呼ばれる機能から生まれたデザインです。シューレースを締め上げる事でトライアングル部分に作用し足をしっかりと包み込む効果がございます。安定感があり足にフィットする点が特徴となっております。独自の圧着技術によってトライアングルを施している為、縫い目の擦れも無い抜群のフィット感と軽量さを誇っています。

 

アウトソールとミッドソールの間にSALOMON独自の薄型構造の高機能シャーシ ( フレーム ) を施す事でランニングシューズに求められるクッション性とトレイルに対応する安定性を兼ね備えた作りです。着地のショックを吸収しつつその反発を最大限に利用可能な設計であり、ねじれ防止にも繋がっています。

 

アウトソールはソール製作で有名な他社ソールを採用せずSALOMON独自開発ソールである点もポイントです。部位によって柔らかさの異なるContagrip®アウトソールを採用しており、高いグリップ力・耐久性が特徴となっております。SALOMONブランドのソールは密度、配合、形状の三要素を複合し様々な地形や動きに適したグリップ力と耐久性を発揮出来るように開発されています。異なる素材の圧着技術の高さも同ブランドの強みです。

DENSITY ( 密度 )・・・パーツごとに異なる密度の素材を組み合わせグリップ力と耐久性を向上

COMPOUND ( 配合 )・・・ 20種類以上の素材を最適に配合し様々な地形や動きに相応しいコンパウンド設計

GEOMETRY ( 形状 )・・・ 様々な形状を組み合わせて最適なソリューションを提供

 

シューレースは、QUICKLACEシステムを採用しています。締めることも緩めることも容易で個々の足にジャストフィットするホールド感がございます。

 

インソールは、Ortholiteを採用。足へのフィット感を高めクッション性や快適性が持続するインソールです。