HOKA ONE ONE / MACH FLY AT NIGHT

f:id:hynm_eliminator:20180913125944j:plain

HOKA ONE ONE / MACH FLY AT NIGHT

 

HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) から新作となるMACH FLY AT NIGHTをご紹介致します。日本のナイトランニングにインスパイアされ製作されております。非常に軽量かつ優れたクッション性が特徴です。ヒール部分のロゴと前足部分にリフレクター加工を施しています。本アイテムは9月14日発売です。

 

同ブランドは、2009年、Jean-Luc-Diard ( ジャン・リュック・ディアード ) とNicolas Mermoud ( ニコラス・マーモッド ) によって創設されました。

ブランド名の、HOKA ONE ONE ( ホカ オネオネ ) とは、マオリ族の言葉で、Time to Fly ( さぁ、飛ぼう ) を意味します。

HOKA ONE ONEのルーツは山にあり、ランナーが楽に、たのしく、そして速く走れるようにデザインされています。

 

創業者の二人は、ランニングシューズが他のスポーツカテゴリーのものと比べて進化のスピードが遅いと感じ、ランニングシューズの本質を見直すことで、楽に下り坂を走れるシューズを生み出したいと思った事がきっかけの一つとなりHOKA ONE ONEを設立。

※山を駆け下りる為のトレイルランニングシューズは、2009年当時とそこから30年も前の80年代のシューズと比較しても、あまり変化が無かったそうです。

 

HOKA ONE ONEと他のブランドの最も大きな違いは、クッション性と軽量性を両立している点です。足の保護性も高く衝撃吸収性も優れているにも関わらず軽量である点が大きなポイントとなっております。※2016年、トレイルランニングの最高峰レースの一つであるUTMB®で、男女共に契約アスリートが優勝致しました。2017年には、ハワイで開催されたアイアンマン世界選手権において選手の着用率が他ブランドを抑え一位になりました。

 

本日ご紹介のMACH FLY AT NIGHTの搭載テクノロジーは下記です。

■CUSHIONED MIDSOLE VOLUME

通常のランニングシューズと比べ非常にボリュームのあるミッドソールは、軽量かつ衝撃吸収性に優れています。またMACH FLY AT NIGHTではミッドソールにPROFLY™を採用する事でのクッション性・推進力が特徴。クッション性を高める為にヒール部分に程よい弾力と厚みを、推進力を高める為に硬さをもたせた前足部が快適な走り心地に繋がっています。

 

■META ROCKER GEOMETRY

スムーズな足運びを促す為にドロップ ( つま先と踵の高低差 ) の差を少なくし、つま先と踵部分を滑らかに削ぎ落とした独自のアウトソール形状が特徴です。まるで車輪が回転する様な流動性がある、ローリング運動を導く事で自然な体重移動を実現しています。少ない力で最大の効果を発揮するテクノロジーです。

 

■ACTIVE FOOT FRAME

ミッドソールに搭載されたACTIVE FOOT FRAMEは、足全体をしっかり包み込み、 足がシューズと一体化するHOKA ONE ONE独自のミッドソールです。 踏み込んだ時の縦横の揺れやズレを防ぎ、高い安定性を保つ点が特徴です。

 

アッパーは快適なフィット感と優れた通気性を提供するエンジニアードメッシュアッパーを採用。アウトソールは、R-BOUND™を採用しクッション性と推進力を実現しています。