adidas by RAF SIMONS RS OZWEEGO WEB UP

f:id:hynm_eliminator:20190523161227j:plain

f:id:hynm_eliminator:20190523161258j:plain

 

UKユースカルチャーをデザインのインスパイア源の一つとするRAF SIMONSと、数多くのミュージシャンやクリエーターに選ばれ続けUKユースカルチャーと共に歴史を刻んできたadidasとの、名前だけではない大変意義のあるコラボレーション。同コラボレーションからRS OZWEEGOのご紹介です。

 

OZWEEGOは同プロジェクトがスタートした13AWからアップデートを重ねながらリリースされているモデルです。RAF SIMONSシグネチャーブランドの12AW、13SSコレクションでリリースされたランニングスニーカーのアッパーデザイン ( 二足履いているかの様なレイヤーデザイン ) を踏襲しリリースした背景があり、スポーティーさとアート性を兼ね備えた個性的なデザインが特徴です。

 

17SSのOZWEEGO BUNNY、17AW・18SSのOZWEEGO Ⅲは大きなシューレースホールディテール ( シューレースをダブルで通せる様な大きなアイレット ) が特徴でしたが、本アイテムはシューレースホールディテールが通常サイズの初期OZWEEGOをベースにアップデートしています。ミッドソール部分はミラー仕上げのTPU ( 熱可塑性ポリウレタン ) フィルムでコーティングしている点がポイント。19SSのテーマである70年代のグラムロック時代を感じさせる煌びやかな仕上がりとなっております。

さらにadidas PERFORMANCEのOZWEEGOモデルをベースにアップデートしている為、機能も搭載している点も魅力です。つま先部分には蹴り出しの力強さをサポートするadiPRENE+ ( アディプリーンプラス ) 、アウトソールには、adiWEAR (長時間の着用にも耐えうる耐磨耗強化ラバー ) を採用しています。