KIKO KOSTADINOV 19AW 00072019コレクション

f:id:hynm_eliminator:20190710160218j:plain

KIKO KOSTADINOVの19AW 00072019コレクションからナンバリングアイテムのご紹介です。従来のナンバリングアイテムの様に既成ボディにプリントを施したものではなくオリジナルパターンにて製作している点がポイントです。

 

■HOODIE

500g/㎡の超ヘビーウェイトスウェット生地を用いたオーバーサイズドフーディー。ナンバリングプリントが施されたフーディーは00012016、00022017コレクション以来の登場です。左肩部分に施されたテープディテールデザインは00012016、00022017コレクション即ち初期のデザインを継承しておりますが、本作は全く新しいオリジナルパターンにて製作しております。フットボールジャージーの様な個性的なショルダー周りの切り替えパターンが特徴です。フロントのナンバリングはハンドプリント。後身頃にはアメリカのコスチュームデザイナーであるアイリーン・レンツの作品からインスパイアを得て製作したオリジナルグラフックをプリントしております。イタリア製。

 

■L/S TEE、S/S TEE

HOODIE同様、左肩部分に施されたテープディテールデザインが特徴。従来のナンバリングTEEの様に既成ボディにプリントを施したものではなくオリジナルパターンにて製作している点がポイントです。フットボールジャージーの様な個性的なショルダー周りの切り替えパターンが特徴的です。フロントのナンバリングはハンドプリント。後身頃には今期のインスパイア源の一つである1960年のアメリカ映画 「 MIDNIGHT LACE 」 のメインビジュアルイメージを彷彿させるオリジナルグラフックをプリントしております。イタリア製。

 

KIKO KOSTADINOVの19AW 00072019コレクションに関して

MIDNIGHT STRIPESと題されたKIKO KOSTADINOVの19AW 00072019コレクション。アメリカのコスチュームデザイナーであるアイリーン・レンツの作品からインスパイアを得て製作。さらにアイリーン・レンツが衣装を担当した1960年のアメリカ映画であるMIDNIGHT LACEもインスパイア源としています。アイリーン・レンツの作品はジオメトリック、バイアスなどの要素をデザインに盛り込んでいる点が特徴であり、KIKO KOSTADINOVの19AW 00072019コレクションにおいてもそれらの要素が取り入れられています。ヘアデザインに関しては1998年の日本映画のリングからインスパイアを受け製作しています。